2011年3月2日水曜日

最近思ったいくつかのこと

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

高専カンファレンス2289woに参加することで,

自分と異なる世代の人たち(特に自分よりも上の世代の人たち)と
接する機会が多くなってきて,昔,部活の顧問の先生に言われた,
「君たちの年齢で僕のような家族・親戚以外の大人と
深く接することができるというのは,とてもすごいことなんだよ」
という(ような内容だったはずだ)言葉を思い出した.

・よく,「学校で学んだことは社会に出たら何も役に立たない」と言うけれど,
その文章に含まれている「学んだこと」というのは,「数学」や「物理」といった
授業科目名のことを指しているんじゃないかと思う.
学生生活を送る中で経験したこと全てを「学んだこと」と考えたら,
社会に出たときに,それは十分に役に立つと思うんだ.
まぁ,わたしはまだ学生だから,ほんとうに役に立つかどうかは,
実際のところ,わからないのだけれど.

でも,安易に
「学校で学んだことは社会に出たら何も役に立たない」
なんて言わないでほしいし,言わないようにしたい.

自分が経験してきたこと,これから経験することに役に立たないものなんてない.
それは全て,自分をかたちづくる糧になるのだから.