2011年5月20日金曜日

役者は揃った。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

5/14に東京国立博物館(平成館)へ写楽展を見に行ってきました.

写真を撮り忘れてしまったのですが,平成館の入り口に浮世絵を模した装飾が施されていました.そして,館内には歴代の歌舞伎役者を描いた浮世絵の装飾がでーんと飾られていて,とてもかっこよかったです.

今回の特別展では,東洲斎写楽の浮世絵だけでなく,勝川春英歌川豊国らの浮世絵も展示されていて,同じ役者を描いた3人の絵を見比べることができるような展示もありました.
あと,保存状態の良しあしによる,浮世絵の色の違いも見ることができました.保存状態がすばらしいものは,色の出方がぜんっぜん違いましたよ!

そして,音声ガイドは春風亭昇太師匠による解説でした.解説はちょっとした小噺風でわかりやすく,聞きやすかったです.
パネルには載っていないお話もけっこう聞けたので,見に行く方はぜひ音声ガイドで解説を聞きながら見てみるとよいと思います.

ここからは,感想を.
浮世絵も浮世絵師も,名前は知っていて,絵は見れば「あー見たことあるある!」くらいの知識しかないので,素人の感想です.

絵を見ていてずーっと思っていたのは,ぱっと見た感じだと豊国と写楽の絵は似ているように見えるけど全然違う,ということです.
豊国の浮世絵はまじめというか優等生というか,なるべく見たままを描こうとしているような印象を受けました.写楽の場合は,演じている役の感情や,役者さんの身体の動きが線に表れていて,そこが豊国とは違うところだなあと.特に,役者さんの全身絵を見ているときにそれをすごく感じました.
写楽の晩年(というか,作品を出さなくなる直前)の絵も展示されていたのですが,その時期の絵には,生き生きとした線はなくて,とてもさびしい感じがしました.
何があったんだろうなあ.描きたくないけど仕方なく描いてる,という感じだったのかなあ.

勝川春英の話をしていないのですが,Wikipediaをひくと,豊国や写楽の前に活躍していた浮世絵師で,彼らに影響を与えていたようですね.たしかに,二人の絵とはちょっと違うのですよ.でも,うまく言葉で表現できない.写楽とはまた違った感じで,歌舞伎の登場人物を生き生きとユーモラスに描いているという感じですかね.

展示の最後に,今回は展示されていないという4枚の絵がパネルで紹介されていたのですが,1つは震災の影響で日本へ運べず,2つは所在不明(海外の美術館が持ってたけどなくなっちゃったらしい),で,残りの1つが公開禁止なんだそうです.公開禁止っていうのは,寄贈するときの条件だったかな?
(そういえば,他の展示会に出してるので今回は見られなかった作品が1つありました)

できればもう一回行きたいですね.この記事を書くために思い出していたら,わくわくしてきてしまったから.今度はじーっくり舐めまわすように見たいです.そして,図録ほしいです(見に行った日は飲みに行く約束があったので買えなかった)

あっ,あと,歌舞伎を見てみたいです.

-----

明日5/21のテレビ東京「美の巨人たち」で写楽の絵を取り上げるようです.
見てから,写楽展行くのもまた一興ではないでしょうか.

2011年5月7日土曜日

演奏会が終了しました #2289wo

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

こんばんは.
2289woコンサートの打楽器メンバーの,メガネで女子で髪の長いほう,@myy_です1

ブログを書くまでがコンサート!ということで,5/4の粒谷区ウインドオーケストラコンサートの感想を書きます.
本番の演奏の録音はコンサート翌日に1度聞いたのみで,あらためて聞いたり,映像を見たりすると,書きたいことが増えてしまいそうなので,そのまえにこの記事を書き終えてしまおうと思います2
あと,コンサートに関係するすべてのことについて書くのは大変なので,思いついたものだけ書きます.

第1部1曲目の宝島
自分もですが,きっと指揮者の@KohMei1012さんも緊張してるだろーなーと思い,
「指揮者と目が合うタイミングでは笑顔になろう!」
と考えて,笑顔を意識していました.
したらば,宝島の冒頭でサックスパートあたりからイエッフー!的な声が聞こえて3,緊張が少しほぐれまして,「ああもう誰かわかんないけど,超GJ!」ってな感じで楽しくなっちゃいました.
うん,ほんと,GJでした.ありがとうございます.

第1部4曲目のWhat a Wonderful Wonderland!
この曲がですね,5/3のゲネプロあたりから現在まで,ずーっと脳内BGMで無限ループなのです.
おそらく,今回のコンサートの中で,私にとって一番重要な曲だったのだと思います.

正直,最初に楽譜を見て,叩いてみたときには,「叩けるかこんな難しいの!ちくしょー!」とか思っていました.主に後半.
でも,よく考えたら,毎日楽器を叩いていたころの私は,難しければ難しいほど,「よーし!やったるでー!」とめちゃめちゃ練習していたのですよ.
で,結局,「叩けるかー!」とか思いながらも,練習に行くたびに,あきらめずにできないとこをさらってました.ピアノでも練習したしね4
そして,叩けるようになると楽しくなるので,本番近づくにつれて余裕が出てきて,楽曲自体を楽しむことができました5
例えはアレですが,噛めば噛むほどおいしいスルメのような曲だなあと,いま,思います.
@wdfieldさん,ありがとうございました!

打楽器アンサンブル
ミッションインポッシブルのイントロがうまくいってよかったです.
まあ,録音したものを聞くと,荒削りでしたがね.よかったんでないかなと思います.

打楽器アンサンブルは映像を見たいような見たくないような…自分,演奏してるときの動きがなんか変だと思うんだよね…まだ見てないけど,これまでの経験から…

第2部2曲目のたなばた
たなばたは高専吹部の思い出の結晶ともいえる曲なので,高専卒業後に所属した団体で演奏したときには,仕上がりや表現がけっこう不満だったりしていたのです.
ですが,今回は,高専卒業後の演奏の中で一番よかったと思っています.
中間部では高専時代の思い出がぶわーってやってきて,泣きそうになってました.

ちょっとだけお仕事しました
コンサートのパンフレットの文章校正をしました6
後輩の論文指導とかしている経験が生かせたうえに,デザイン部のみなさんからお褒めの言葉をいただけたので,すごく嬉しかったです.

コンサートにかかわる全体的なはなし
いつも演奏会やコンクールのときには「緊張を楽しむ」を心がけています.
今回のコンサートでは,それをあまり意識せずに実践できたのではないかと思います.

鍵盤楽器は基本的に,なぜかわからないけれどフラットやシャープを勝手につけて叩いたりしてしまいますた.ごめんなさい><

あと,フォローしたつもりがフォローしてない7とか,そういうことが演奏会後に発覚したりしておもしろかったですね(白目

まとめ
ちゃんとした演奏会は,大学卒業以来だったので,合奏練習ではまず,演奏の感覚を取り戻して,微調整していくことから始まったと考えています.
そのため,本番までの間に音楽的なことを考えて,それをアウトプットするところまでは余裕がありませんでした.
なので,次に演奏する機会があれば,もう少し音楽的なことを考えられるようにしたいです.

あと,KNCT吹部の後輩がustじゃなくて,会場まで聞きに来てくれていたことに翌日気付きました.
ロビーに出ればよかったね.ほんとごめん.一緒に演奏する機会があったらまたしましょう.

コンサートを聞いてくださった方,開催にたずさわってくださった関係者のみなさま,ありがとうございました!

1. TIGER&BUNNY予告風の自己紹介
2. あらためて聞いたり,映像を見たあとで何か思うことがあれば,またブログを書くかもしれません
3. イエッフー的なのを叫んだのは@jun1_saxさんで正解なのでしょうか?
4. ピアノを両手の人差し指2本で叩くという奇行を夜な夜な研究室で繰り広げておりました
5. 楽しみましたが,あきらめた部分もあったり,違う音を叩いたり,走ったりしました><
6. http://www.2289wo.com/ にパンフレットのPDFデータがあります.担当したのは2,3ページ目
7. twitterでは勝手にフォローが外れたりすることがあるらしいので,たぶんそういうことだったのだろうと

26歳になりました

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

地震とともに誕生日をむかえ,26歳になりました.
おめでとうメールやおめでとうツイートをくださったみなさまありがとうございます.
研究室の人からはケーキまでもらっちゃったしね!


うちの母親がたしか26歳くらいで結婚しているので,もうそんな年齢か,と思います.
実際,先輩,後輩,友人たちが結婚しはじめてるしね.
まー,ぼくは,結婚の前に学位がどうなるかが懸案事項っすね…

あと,2289woに参加して思ったんだけど,84世代と86世代が濃くて,85世代は埋もれてるよね.
まあ,みんながみんな,キャラが濃いのも大変なので,85世代は存在感の薄さを売りに活動すればいいんじゃないかと思います.はい.